ぐんぐん育つ!ボタニカルライフを始めるなら”クワズイモ”がおすすめ!育て方とコツ

当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります
・・・

今、我が家で一番、毎日の成長を楽しませてくれている観葉植物が、クワズイモです。

以前、100円均一で購入したクワズイモ。

一度は害虫被害(ハダニ)で枯れてしまいそうになりながらも、無事に水耕栽培で完全復活!
復活してからというもの、枯れる前よりももっと大きく成長してくれています。

あわせて読みたい
水耕栽培で復活!枯れたクワズイモから、新しい芽を出すのに成功しました。 1年ほど前に、100円ショップで購入したクワズイモ。 とっても成長が早くて、購入した時には葉が2枚ほどだったのですが、日に日に芽が出て葉となり、艶々の葉で癒される...

今回はこの、
初心者にもおすすめで成長が楽しいクワズイモの育て方について紹介します。

クワズイモを…
目次

スポンサーリンク

クワズイモってどんな植物?

クワズイモ

クワズイモは、サトイモ科のクワズイモ属に属する植物で、
東南アジアやインド、台湾や日本などに多く育つ植物です。

クワズイモの花言葉は、「復縁」「仲直り」という意味があるので、友人や恋人と喧嘩してしまった時など、「ごめんね」の言葉に添えてプレゼントしてあげるのもいいですよね。

クワズイモの白い樹液にはシュウ酸カルシウムが含まれているので、
素手で触れでしまうとかぶれてしまうこともあります!
触れてしまうことがないように、手袋などをして世話をするのがおすすめです。

クワズイモの育て方

水やりと葉水をバランスよく

水滴がつくクワズイモの葉

高温多湿を好むクワズイモ。

幹に水分を蓄え、葉が水を吸い上げて葉の先に水滴をつける姿もみることができます。

割と朝に見かける光景で、とても神秘的で素敵です!

こまめに水をあげなくても、すぐに水切れで枯れてしまうというということはあまりないのですが、
葉が乾燥してしまうと害虫被害に遭うことも。

そのため、葉水は毎日朝晩スプレーなどで吹きかけてあげるのがおすすめです。

水をあげるタイミングは、「少し土が乾いてるかも?」くらいになったら、
たっぷりと底から水が流れ出るくらいあげるくらいがちょうどいいです。

 冬は、表面の土が乾き切ってから、3日ほどおいた頃に水をあげるくらいがベストですよ!

陽に当たるのが大好き

クワズイモは耐陰性のある植物なので、陽の当たる窓際出なくても、明るい室内であれば十分に育つことができますが、
基本的に太陽の光が大好きな植物なので、
窓際などの日の当たるところに置いてあげると、グングンと育ちます!

また、直射日光はあまり得意ではなく、強すぎる太陽の光で葉が焼けてしまうことがあるので、
屋外で育てる場合は置く場所に注意が必要です。

屋外で育てる場合には、何かの植物の影になるような場所に置いてあげると葉焼けしないで育ちます! 

スポンサーリンク



冬はお部屋の中へ

クワズイモは、東南アジアなどの暖かいところに生殖する植物なので、
暑さにはそこそこ耐えることができます。

となると、寒さには弱いのか?と思いがちですが、
部屋の中であれば寒い冬も越すことができます。

観葉植物初心者にはありがたいですよね! 

害虫のハダニが付きやすい

葉水をあげたクワズイモ

クワズイモは、虫がよくつく植物です。


我が家のクワズイモもそうですが、
ハダニやシラミなどの害虫がつきやすいため、
こまめに葉水をしたり、葉を拭いてあげたりと対策が必要です。

ハダニは茎と葉の間に糸を張るので、よーく観察してみてください。
もしハダニを見つけてしまったらすぐに拭き取り、
できれば専用の薬などで駆除してあげると安心です。

もし薬を使いたいくない場合は、10倍に薄めたお酢をスプレーしたり、
牛乳を水で割った物をスプレーするのも効果があります!

他にも、アブラムシやカイガラムシなど
害虫が付きやすいので、毎日葉のチェックは欠かせません!

最低2年に1度は植え替えを

クワズイモを育ててみると、日々の成長に驚かされるくらい
成長がとても早い植物です。

もちろん、葉が成長するということは根の成長も驚くほど早いのです。

我が家のクワズイモもも、5月からの暖かい季節になると
あっとゆうまに根が鉢の底から顔を出すくらい根がぎゅうぎゅうになります。
そのため、最低でも2年に1度は一回り大きな鉢に植え替えをしてあげましょう。

水はけのいい土がおすすめ

もともと、湿度の高い地域で育っていた植物ではありますが、
水捌けの悪い土を使ってしまうと、根腐れしてしまったり、土にカビが生えてしまったりする可能性もあります。

そのため、水はけの良い土を使い、葉水などで湿度を調整してあげるのがおすすめです。

土は、赤玉や鹿沼土を混ぜた物と観葉植物用の土を1:1で混ぜたものを好みます。

肥料は5月~10月ごろに

生長期の5月〜10月には、肥料を与えてあげるとより大きく育ってくれます。

ただ、あまりあげすぎてしまうと肥料焼けを起こしてしまう可能性があるので、
液体タイプの肥料であれば、10日〜14日に与えてあげます。

我が家は暖かくなると、ハイポネックスを2週間に一度、鉢の底からたっぷりと出てくるまであげています。 

置き型タイプの肥料も今気になっています・・・!

我が家のクワズイモの様子

2020年4月

購入したてのクワズイモ

100均一で購入してから少し経った頃の、元気なクワズイモ!

2021年1月

ハダニで枯れかけているクワズイモ

ハダニにやられてしまい、完全に元気を無くしてしまっています・・・

2021年3月

水耕栽培に切り替えてから、新しい葉が育ってきてくれている様子は下記の記事より。

あわせて読みたい
水耕栽培で復活!枯れたクワズイモから、新しい芽を出すのに成功しました。 1年ほど前に、100円ショップで購入したクワズイモ。 とっても成長が早くて、購入した時には葉が2枚ほどだったのですが、日に日に芽が出て葉となり、艶々の葉で癒される...

2021年4月

水耕栽培で復活したクワズイモ

水耕栽培で復活したクワズイモを、鉢上げして土栽培へと戻しました。
購入したての頃よりも新しい芽が増えてきています。

あわせて読みたい
〔クワズイモの鉢上げ〕水栽培から土栽培へ戻すときの方法と注意 先日ご紹介した、”水耕栽培にて、無事に復活をさせることに成功したクワズイモ。” https://sdot-note.com/kuwazuimo_alocasia/ このまま水栽培で育てていくと、栄養が足...

2021年5月

大きく成長したクワズイモ

先日、根詰まりを起こしていたので、6号の植木鉢に入れ替えました!
かなりの大きさになりました!
暖かい時期は特に成長期なので、毎日の観察が楽しみです。

まとめ

観葉植物の仲間たちとクワズイモ

成長が早くて、日々楽しませてくれるクワズイモ。
艶々で柔らかい葉にも癒されます!

クワズイモを枯らさずに育てるためのコツは、

  • ハダニが付きやすいので、定期的に葉水をあげること
  • 根詰まりしやすいので、窮屈そうになっていないか定期的にチェック

です。

元気で大きなクワズイモ、ぜひ一緒に育てましょう〜!

スポンサーリンク

share
目次
閉じる