まるでジブリの世界!気根で立つ”根上がりセローム”の育て方

当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります
・・・

現在、30種類ほどの植物を育てているのですが、
サトイモ科の植物は、他の植物と比べて育てやすく、日々の成長が早いので、
とても好きな種類の植物です!

今回は、そんなサトイモ科に属する、
根上りセロームという植物について、まとめました。

基本的には根が土の中に埋まっているセロームと育て方は同じです!

写真と共にご紹介します!

目次

スポンサーリンク

■ セロームってどんな植物?

セローム

上の写真は根が普通のセロームです。

セロームは、熱帯アメリカや、ブラジルが原産の植物です。

サトイモ科のフィロデンドロン属に属しています。
フィロデンドロン属はとても種類豊富な植物で、900種類以上あると言われているんです。

セロームは愛の木とも呼ばれており、和名は人でヒトデカズラ(海星葛)なんだそう!

スポンサーリンク

気根で立つのが”根上りセローム”

根上りセローム

セロームは、

  • 太い幹を支えるため
  • 呼吸をするため
  • 空気中の水分を吸収するため

に、気根と呼ばれる細い根を、幹から複数出します。

根上りセロームは大きな幹は土につかず、成長した気根だけで地面からたつのが特徴です。

多肉植物やガジュマルなどの植物でも、気根はよく見かけます。

■ 根が出てる根上りセロームの育て方

セロームの葉

はじめにもお伝えしましたが、育て方は他のセロームと同じです!

日当たり

セロームは耐陰性があり、室内でも十分に育てることができる植物です。

耐陰性のある植物とは、日の光が入りにくい場所でも、生きていける植物のことを言います!

ただ、耐陰性があるとはいえ、
日の光が届く窓際などに置いてあげると、健康で丈夫な株と葉が育ちやすくなります。

ただし、夏の強い日差しなど、直射日光を当ててしまうと、大きな葉っぱが日焼けしてしまうことがあるので、
真夏のお昼は窓の近くから少し離してあげるのがいいですよ。

水のあげ方

の根

セロームは、熱帯地域の植物なので高温多湿を好みますが、
根上がりセロームは、乾燥気味に育ててあげるのがおすすめです。

というのも、特徴的な気根は、土が乾燥して水分不足になり、さらに鉢の中が根がしっかりと回っているときに、気根がでてくるからです。

そして空気中の水分を気根で吸収することができます。

そのため、水をあげるのは、

土がしっかりと乾いてから、

水の量は、鉢の底から水がたっぷりと流れ出るくらい注ぐ

のがおすすめ。

常に土が湿っていると土に埋まっている根が腐ってしまうことがるので要注意です。
多湿の環境を作るのは、土ではなく、葉や幹の周りで霧吹きなどで湿地を作ってあげましょう。
土は、ちょっと乾燥気味かな?と思うくらいで育ててあげるのがよさそうです!

スポンサーリンク

葉水で害虫予防

セロームの葉

セロームの葉は大きく、ホコリなどが葉の上につきやすくなります。

また、クワズイモ科の植物はハダニなどの虫がつきやすいので、
葉水をしたり定期的に葉を水拭きをして、清潔に、害虫を予防しましょう。

葉水で幹や葉の周りを多湿にしてあげることで、気根をふやしてあげましょう!

土の配合

乾燥気味に育ててあげるためには、水捌けの良い土で育ててあげるのがおすすめです。

強い植物なので、市販の観葉植物の土だけでも十分に育ちますが、
赤玉土や鹿沼土と混ぜ合わせて、さらに水捌けの良い土にしてあげると、
より健康に成長してくれます。

肥料について

セロームは肥料がなくても、元気に育つことができます。

ただ、暖かい時期なのに、
『最近成長がとまっているな、新芽が出ないな』というときには、
液体肥料をあげるとより大きく育てることができます。

梅雨を明けた時期から、10日〜14日に1回の頻度で、
秋くらいまでの間で肥料をあげましょう!

冬は、ぱったりと成長がとまる植物なので、肥料は与えない方がいいです!

植木鉢の底は定期的にチェック!

クワズイモ科の植物は、とても根がしっかりとしていて、
鉢の中で根がいっぱいになるのが早い植物です。

気根を出すためには根詰まり気味でも良いのですが、
定期的に土を変えてあげたり、古い根を選定してあげることで、
健康なセロームを楽しむことができます。

スポンサーリンク

気をつけること

サトイモ科の植物は、幹や葉から白い樹液が出てくることがあり、
その樹液に触れてしまうと、かぶれてしまったりすることもあります。

触れてしまったときには、すぐに水や石鹸で洗い流しましょう!

■根上りセローム、一年でここまで成長しました。

暖かくなると、一気に成長を始める根上りセローム。
植木鉢を一回り大きくし、2枚ほど選定もしてますが、現在は葉の枚数も4枚になりました。

根の部分もしっかりとした太さになり、魅力が増しました。

■ 終わりに

根上げセローム

根上りセロームを育てるポイントは

  • 土はしっかりと乾くまで乾燥気味にする
  • 葉水で多湿を作ってあげること
  • 直射日光の当たらない、明るい窓際に置いてあげる

気根の成長は、葉の成長と比べると、あまり早くはありませんが、
不思議な形で成長してくれます。

いろんなセロームの気根の形を楽しみましょう!

楽天市場で植木鉢を買うなら、

\BARGEがおすすめ!/

可愛い植木鉢が揃ってます♪

スポンサーリンク

share
目次
閉じる