100均で購入した、可愛いシェフレラ(カポック)の育て方。

住宅街を歩いていると、
お庭などで育てているのをよく見かける、シェフレラ(カポック)。

シェフレラは初心者でも育てやすい植物のひとつです。

100円均一でも見かける植物なので、
植物ライフを始めたい!という方におすすめの植物のひとつです。

我が家のシェフレラも100円均一で購入し、
まだまだ小さなサイズですが、元気に育ってくれているので、
写真と育て方をご紹介します。

シェフレラを…
目次

スポンサーリンク

■ シェフレラ(カポック)とは?

シェフレラ

ウコギ科のシェフレラ属に所属する植物で、600種類以上あります。

とても丈夫で育てやすい、と言われている植物で、
外の植木などで楽しんでいる方もよく見かけますよね。

もともとは中国の南部や台湾に生息している植物で、
以前私も台湾旅行に行った時に、よく見かけていました!

シェフレラの花言葉は、とても真面目、実直です。

スポンサーリンク

風水としても縁起が良い植物とされているので、自分用としてはもちろん、
友人へのプレゼントとしてもおすすめです!

幹が柔らかいため、曲げ木などして楽しむこともできるそうです。

我が家のシェフレラも、もうちょっと育ったら曲げ木に挑戦しようと思ってます。

■ シェフレラ(カポック)の育て方

・シェフレラ(カポック)の日当たり

シェフレラは耐陰性がある植物とされていますが、
温暖な地域では外でも生息できる植物なので
、日当たりは好きな方の植物です。

耐暑性もあるので、夏などの暑い時も好きです。

ただ、真夏の直射日光を当ててしまうと、
葉焼けしてしまうこともあるそうです。

室内であればレースカーテン越しだと安心ですね。

・シェフレラ(カポック)の水のあげ方

他の多くの植物などと同じように、
シェフレラも蒸れが苦手な植物です。

そのため、土が完全に乾いたな、
鉢が軽くなったなというのを確認してから
水をあげるようにするのがおすすめです。

シェフレラ育て方

我が家では多肉植物などに使うような、かなり水捌けの良い土を使用しているのですが
それでも、表面が乾いたかな?と思ってから、だいたい3日〜4日あけてから水をあげてます

・シェフレラ(カポック)につく害虫

シェフレラは葉が大きく、そして柔らかいことから
乾燥するとハダニがついてしまうこともあります。

乾燥を防ぐために、水やりはしなくても、
毎朝葉水をしてあげるのがおすすめです!

・シェフレラの冬の過ごし方

多少の耐陰性もあるシェフレラ、
暖かい室内で育てていると、冬でも成長してくれることがあります。

順調に新芽が出てきてくれている場合は、
暖かい夏の時期などとあまり変わらずに水をあげていますが、

もし新芽もほとんど出てこず、成長が止まっていそうであれば、
水やりは控えめにしてあげることで、根腐れ対策になります。

どちらの場合にしても、
秋から冬が終わる頃までは、肥料は与えないようにしてあげてくださいね。
肥料焼けしてしまうことがあるので、
肥料は初夏〜夏終わりくらいまでにしてあげます。

スポンサーリンク

・シェフレラの選定と植え替え

シェフレラは、とても成長が早い植物と言われています。

そして、葉が5枚以上開くため、
密集してくると下の葉に日の光や風が通らなくなり、
蒸れて枯れてしまうことがあります。

そのため、成長期の頃には
定期的に選定をしてあげることでより成長を促すことができます。

また、植え替えは、
梅雨が終わって暖かい時期の間にしてあげます。

タイミングとしては、他の植物と同様、

  • 水をあげたとき、水が土に染み込みづらくなったとき
  • 根が下や上から出てくるようになったとき
  • 鉢の周りに竹串などを刺したときに、ギチギチで刺さらなくなったとき

などです。
その場合は、植え替えのタイミングでひとまわり大きな鉢に変えてあげるのですが、

他にも、同じ土をずっと使っている(私の目安は2年以上です)時や、
そもそも土がそのカポックにあっていなそうなときなどは、鉢は変えずに土だけ入れ替えてあげることもああります。

スポンサーリンク

■ おわりに

シェフレラ

100円ショップでよく見かける植物の一つ、シェフレラ(カポック)。

シェフレラは他にも”カポック”と呼ばれていたりしますよね。
シェフレラというのは属性の名前となり、正式名称はシェフレラとなるそうです。

”カポック”は、実はパンヤ科の植物で、別の植物なのだそうです。

ではなぜシェフレラのことをカポックと呼ばれているのかというと、
日本に渡ってきたときに、”カポック”と見た目がそっくりだったことから間違えて、その名がついてしまったそうです。

なので、日本ではシェフレラもカポックも同じ植物として通じているそうです。

なんだか不思議ですよね。

私も、いつもはカポックと呼ぶことが多いのですが、
これからはシェフレラと呼ぶようにしてあげようと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

share

この記事を書いたのは...

約40種類の観葉植物に囲まれ暮らす人。
休日は植物のあるホテルに泊まりリフレッシュがお気に入り。
このサイトでは植物の育て方や対策記録、宿泊したホテルの紹介を綴ります。
グリーンマスター検定2級(2021年取得)

目次
閉じる