茶色く枯れてきたウスネオイデス(スパニッシュモス)を、復活させるために整えました。

当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります
・・・

4ヶ月ほど前に我が家にお迎えした、ウスネオイデス(スパニッシュモス)。

おしゃれな見た目で、ずっと気になっていました植物です。

我が家にお迎えしてから初めの頃は、とても順調に育っていたのですが、
最近、ソーキンクすると茶色が目立つように。

ウスネオイデス(スパニッシュモス)を吊るす
茶色くなり始めたスパニッシュモス(ウスネオイデス)

調べてみると、茶色く枯れた部分は、もう元には戻らないそう・・・
ということで、茶色い部分を剪定し、スッキリさせました!

スパニッシュモスの選定は少し複雑ですが、
しっかりと理解すればできます!

切ってもいい場所、剪定の方法などをまとめましたので、

スパニッシュモスが茶色くなってきてしまった方、
選定をして復活をさせたい方に参考になれたら嬉しいです。

目次

スポンサーリンク

■ 用意するもの

ウスネオイデスの剪定に必要なもの
  • ウスネオイデス(スパニッシュモス)
  • ハサミ
  • スプレー
  • 麻紐

スプレーはこちらを使ってます。
粒子が細かいので、スパニッシュモスの隙間にも水分が行き届くのでおすすめです。

■ ウスネオイデス(スパニッシュモス)の選定方法

ウスネオイデスは子株の繋がり

ウスネオイデスは、成長すると
ツルのようにどんどんと長くなりますが、
実は1本が1つの株ではなく、小さな子株がくっついている状態です。

ウスネオイデスのイラスト
※水色の部分が子株のひとつのかたまりです。

そのため、子株がどこの部分かを確認して、子株と子株の間を切るようにします。

その時に、切った下の子株は別で成長させるために、
繋がりの一本の中で、上の子株に近いところを切ってあげましよう!

もちろん、茶色くなってるところは復活しないので、
できる限り切ります!

ウスネオイデスの選定後

子株がつながっている長いものと、子株が2〜3つつながっているもの、
1つの子株だけの3つの長さに分けることができました!

ウスネオイデスの束ね方

お店などでは針金などのワイヤーで吊るされていることが多いのですが、
ワイヤーだと蒸れやすく、ワイヤー周りが枯れやすくなります。

枯れてきているウスネオイデス

そのため、できれば束ねる時には麻の紐を使うのがおすすめ!

麻の紐だと滑り止めになるので、
軽く紐とスパニッシュモスが触れるだけでくっついてくれます。

スパニッシュモス同士がくっつきすぎず
蒸れを防止することができます!

スポンサーリンク

まずは麻紐を1本置いた上に、ウスネオイデスを並べます。

麻紐とウスネオイデス

並べ終わったら、もう一本麻紐を用意し、
並べたウスネオイデスの上に被せてあげます。

ウスネオイデスと麻紐

そのまま、2本の麻紐でウスネオイデスを挟むように、
端からクルクルと適当にまとめてあげます。

麻紐でまとめたウスネオイデス(スパニッシュモス)

まとめた麻紐を結び、ウスネオイデスが落ちてこなければ完成です!

スパニッシュモスの剪定後

まとめたウスネオイデス

霧吹きをすると、緑色の葉だけになり、スッキリしました!

剪定した時にできた子株は、まとめて小さなウスネオイデスのまとまりに。

ここから育ってくれるかはわかりませんが、
まだまだ元気そうなので育ててみたいと思います!

■ ウスネオイデスを上手に育てるポイント

スパニッシュモスを元気に育てるための
3つのポイントを簡単にご紹介します!

  1. 水が大好き!
  2. 蒸れが大敵!
  3. 明るいところが好き!

です。

エアープランツは空気中の水分を吸うので、あまり水やりは必要ないのではないか?
と思いがちですが、実は結構水が好きな植物です。

そのため、水のあげすぎで枯れるイメージもありますが、
それは水のあげすぎで蒸れてしまったことが枯れる原因です。

しっかりと水をあげたら、
1時間以内に乾き切るように、風通しの良いところにおいてあげましょう。

そして意外なのが、明るさです。
耐陰性があり、暗いところでも育てることができると言われていますが、
明るい場所が大好きです!

ただ、直射日光を当てると葉が焼けて黒くなってしまうこともあるので、
気をつけてあげてくださいね!

■ おわりに

剪定後のウスネオイデス

どんどん茶色くなり始めていたウスネオイデスが、
剪定したことで、すっきりと緑が鮮やかになり、
とても見た目が綺麗になりました!

ワイヤーで吊るしていたのを麻紐に変えたことで、
風通しがよくなり、ふんわりとした表情になりました!

ウスネオイデスが最近茶色くなってきたかな?という方は
ぜひ選定をしてみてくださいね!

share
目次
閉じる